飲食店の店舗デザインはどのように工夫されているの?

店舗デザインとは何か?

店舗デザインとは店の設計図のことです。店舗デザインには店の種類によってある程度決まっているデザインと、天井の色や壁、店の雰囲気などの個性を出せるデザインがあります。設計事務所やデザイン会社が店長やオーナーなどがイメージするデザインを具体化して、実現に向けてどうすればいいのかを考えてくれます。

店舗デザインの構想がある程度まとまったら、店の図面にデザインや家具の配置などを描いてデザインの通りに店を運営できるかどうか確認を行います。責任者が承認すれば施工に進んでいき、建物に装飾などを施していきます。

飲食店はどのような店舗デザインになっているのか?

店舗デザインは店の提供する商品やサービスを、店を訪れる人たちに魅力的に提供しやすいようにするものです。

飲食店の場合、店舗デザインは店のオーナーや店主の個性が出やすいようです。店で扱う料理や飲み物によって、お客様に勧めるデザインが変わりやすいのが店舗デザインの特徴として挙げられます。提供する飲食店のコンセプトとデザインが合うかどうかで店の売り上げも大きく変動します。また、飲食店の看板を見ると他の職種よりも派手になっているのは、遠くから見ても一目で自分達の提供している商品が分かるようにするためです。

カフェはコーヒーを飲んだり軽食を摂ったりするだけでなく、仲間と話したり商談で利用したりするなどの場として使うことが多いです。カフェのテーブルとテーブルの間が一定間隔で空いているのは、他人が気にならないような配慮がされているからです。

内装工事の業者を選ぶ際は、複数の業者に問い合わせを行って、工事内容や期間、費用などについて見積もりを立ててもらうことが大切です。見積もりの比較を通して、希望に合った業者を見つけることができます。