二世帯住宅は暮らしやすさと安全性を重視!理想的な家造りを目指しましょう

防音性能を高めた二世帯住宅

二つの世帯が快適に暮らせるような、理想的な二世帯住宅を建築したいのであれば、壁だけでなく床の防音性を高めておく事をおすすめします。

小さな子供がいる家庭では、子供が部屋を走り回っている音が鳴り響いてしまい、ご両親が昼寝を楽しみにくくなってしまう事もあるためです。

近年では防音フローリングの性能も向上しており、性能の良い防音フローリングを床に敷いているだけで、子供の足音も響きにくくなります。

床と壁の両方の防音性能が十分であれば、家庭内でも気軽にカラオケを楽しむ事も可能です。

家族が階段を歩いている音が夜中に響く事が無いよう、二世帯住宅では階段を設置する位置を工夫しておく事もおすすめします。

寝室から離れた位置に階段を設置すれば、夜中でも階段を使いやすくなります。

増築のしやすさを意識した二世帯住宅

二世帯住宅のように大きな住宅を建築するほど、金銭的余裕が無いという時には、増築のしやすさを基準に住宅デザインを決めてください。

二階や三階部分を増築しやすい構造にする事によって、ご両親と同居する事になった際にも、部屋数を簡単に増やす事ができます。

増築をしても耐震性が犠牲にならないよう、最初から構造を工夫している住宅であれば、地震の発生も恐れずに増築がしやすいです。

三階部分の増築にかかる期間が短くて済むのも利点で、金銭的負担を減らす事もできます。

住宅デザインによって、増築にかかる費用が大違いになってきますから、まずは建築業者と相談をしながら住宅デザインを決めてください。

同一棟の建物に、親の世帯と子の世帯が同居して暮らす二世帯住宅。玄関やキッチンなどの設備を共有するタイプや、完全に独立しているタイプなど、間取りは暮らし方を左右する重要なポイントです。