注文住宅を建てる手順を考えよう!まず最初は何から始める?

まずは家族で相談してプランを立てよう

マイホーム生活を送りたいと考えて注文住宅を建てるときには何から始めたら良いのでしょうか。まず大切なのは家族で十分に相談してプランを立てることです。注文住宅のメリットは自由に間取りも住宅設備も決められることなので、家族全員が納得できる仕様に仕上げることが大切になります。一家の主や主婦をしている人だけが決めるのではなく、子供も含めて全員の意見を反映させるように心がけましょう。どの程度の広さの部屋がどの場所に必要なのか、住宅設備として何が整っていなければならないか、明るさなども考えてきちんと採光が取れるかといった様々な角度からプランを立てた上で業者に依頼すると誰もが納得できるマイホームになります。

コストパフォーマンスよりも予算内に収めることが大切

業者に相談すると費用とのせめぎ合いが起こることになるのが一般的です。注文住宅では理想を追求するほど費用がかかってしまいがちで、ある程度の妥協線を引かなければなりません。コストパフォーマンスが高い仕様にしようと考える人も多いですが、重要なのは予算内に収めることだと考えましょう。たとえコストパフォーマンスが悪い住宅設備だったとしても家族の満足のためなら優先的に導入し、他にかかる費用を削って予算内に収めるという考え方をするのが大切です。あまりにも高いからという理由で諦めてしまった部分に対して、住み始めてから不満が募ってしまうことはよくあります。妥協できないところにはしっかりとお金をかけて満足できるように仕上げましょう。

2000万の家でも、予算配分を工夫すれば、理想に近い家を建てる事が出来ます。お金を掛けたい部分と、妥協してもよい部分のメリハリをつける事が大切です。