賃貸オフィスに興味を持っているならメリットとデメリットを覚えよう

メリットは購入するよりも負担が少ない

会社を設立する場合は仕事場が必要となります。自宅を仕事場にできるなら良いですが、難しい時は探さなければなりません。資金が豊富にある状況なら、購入する方法を選べるでしょう。

しかし、購入するとなればまとまった資金が必要となります。会社を設立するためには、設備の導入や材料費などにお金がかかるので、オフィスの購入は簡単に決断できることではないです。

そこで、おすすめしたいのが賃貸オフィスです。賃貸オフィスのメリットは、借りるだけなので購入するよりも負担が少ないことです。数百万円や数千万円というたくさんのお金をかけてオフィスを購入するよりは、賃貸オフィスを選ぶことで初期費用や賃料といった出費で済みます。

デメリットを更新する度に費用がかかること

賃貸オフィスを利用する時は、メリットだけではなく、デメリットも覚えておきましょう。賃貸オフィスを借りる際は、初期費用や賃料を支払うことになります。初期費用に関してはそこでしか発生しませんが、賃料は借りている限り発生し続けます。

これらの費用は十分に理解していたとしても、忘れがちなのが更新料です。賃貸オフィスは契約している限り利用できますが、更新時期が訪れることになります。引き続き利用したいと考えているのでまた契約をしたいなら、更新料を支払う必要があります。

更新料の金額は1か月分の賃料のケースは多いですが、契約内容が変更になった場合は、新賃料で更新料を支払う状況もあり得るので、頭に入れておくと良いでしょう。

賃貸オフィス 中央区の家賃は交通の要所にあることから、同じ間取りでも他の地域より割高な傾向があります。また、駐車場の確保が難しいので車両を頻繁に使う業種には不向きなのも注意する点です。