賃貸物件探しを行う時はなぜ普通賃貸借契約のみを探すべきなのか

定期借家契約は借主に不利な契約だと知っておきたい

不動産屋へ出向いて部屋探しをしていると、定期借家契約を含めた案内をして良いかと聞かれる時があります。家を借りる際には2年契約を結ぶことが一般的ですが、借主が希望すれば更新が基本的に認められています。しかし、定期借家契約は更新という考え方が存在せず、双方が合意した場合のみ再契約を結べるに過ぎません。つまり、本来ならば貸主による解約に制限がある賃貸借契約を契約期間の定めがある期間限定契約としているので、借主に不利となるわけです。

転貸借契約を普通賃貸借と誤認させる不動産屋に注意

契約書面を注意深く見ないと分からない契約方法として、転貸借契約の存在を知っておくと賃貸借契約のトラブルを未然に防げます。大家と不動産屋の間で賃貸借契約が結ばれていて、不動産屋から部屋を又貸しされて住む方法が転貸借契約です。又貸しという言い回しは印象が良くないので、近年はサブリース契約という表現を使っています。大家へ修繕依頼や直接の連絡を行うことが出来ずに、不動産屋を全ての窓口としなければならないので、権利が限定された契約方法です。

普通賃貸借契約なら法律上の保護を受けられる

借地借家法で定められた借主の保護は、普通賃貸借契約を結んだ場合には全て保証されています。期間限定契約として互いに納得している場合には、更新権利と継続した居住権を放棄する形で定期借家契約を結ぶ方法もあります。普通賃貸借契約よりも安く賃料を設定して、大家が転勤時のみ貸すといったケースが該当するわけです。一方、転貸借契約については残念ながら借地借家法による保護を受けることが出来ない点に注意しなければなりません。

レンガや焼き物で有名な江別市は人口が多い町で、その分江別市の賃貸も充実しています。マンションやアパート、間取りも1Kからファミリー向けの広さとさまざま用意されています。